八王子市南西部地区の公園・緑地の問い合せは、こちらで!
HOME>主要公園

| 主要公園 |

万葉公園(散田町5丁目37番)
万葉公園(八王子駅方向)
住所 散田町5丁目37番
開園 昭和46年12月
トイレ あり
駐車場 なし
アクセス めじろ台駅から5分
万葉公園(長房団地方向、奥には武甲山が望めます。その向こう側は秩父です。)
万葉公園(赤駒を山野にはかし捕いかにて、多摩の横山かしゆからむ)

昭和30年市町村合併により、横山村が八王子市に合併となり、古くから使われた横山の名を惜しみ、その風土を保存しようとする村民の意向により真覚寺山に「赤駒を山野にはかし捕いかにて、多摩の横山かしゆからむ」(馬(赤駒)を山野に放してしまったので(防人の夫は)多摩の横山を徒歩(かし)で行かねばならない、と夫の苦労を思う妻の心情を歌ったもの)と唄われた椋椅部荒虫の妻宇遅部黒女を刻んだ万葉の歌碑を建て境内に建立し、その周辺に武田祐吉博士、本多正次博士の指導による万葉植物園を開設しました。


昭和36年めじろ台が開発されたとき、真覚寺山南側高台を造成した今現在の場所に公園が出来、帰属されました。
めじろ台駅から歩いて5分程度の山を抱えた広い公園で、頂上の高台からは北から陣馬山・甲武山、長房団地、八王子市役所、東側には八王子駅の南口ビルと市街地、南は雲龍寺の赤い五重の塔に工学院大学そして、みなみ野地区と180°の展望出来ます。

問い合わせ